社会福祉法人成光苑

RECRUIT WEB-SITE :働いて「良かった」と思える職場を目指して

人財育成(介護事業) Human resource development
ホーム > 人財育成 >人財育成(介護事業)

成光苑でプロになる!『いいね☆』

成光苑の人財育成体制は、各職種の専門性を高めるだけでなく、法人理念に則って個々の目標や目的を意識しながら各職層に応じた様々な 研修に参加することができます。
人間的にも、知識・技術的にもレベルの高いスタッフによる質の高いサービスを提供することを目指しているいます。

入社まで

内定式【12月上旬】

翌年度内定者には、内定式までに配属決定通知を送付し、内定式の日程をおしらせします。
内定式では理事長や各施設長からの挨拶・入社までの流れ・人財育成制度についての説明をします。初めて同期が集う貴重な機会となっています。

体験・アルバイト実習、採用前研修(卒業式後、高卒除く)【内定後~3月末】  

体験・アルバイト実習・採用前研修の主な目的は、自身が働く職場のスタッフ紹介や、本採用前の準備期間として配属施設で行います。(任意)

人財育成の流れ

新人研修

例年、4月1日・2日の2日間、全施設の新人スタッフが社会人の基礎を学ぶ『新人基礎研修Ⅰ』に参加します。その後、各施設で新人職員育成研修プログラム・成光苑マニュアル~はじめの第一歩~をもとに、担当チューターが新人スタッフに合わせたOJTを行います。現場でのOJTと並行して『新人基礎研修Ⅱ』を地域別(大阪・京都)で実施します。OJTや研修を経て、独り立ちしたスタッフも、一人で仕事をする上での不安やうまくいかないことがあれば都度チューターに相談し、フォローします。年度末には、『新人ステップアップ研修』で、先輩スタッフとしてステップアップします。

中堅研修

入社2年目以降のスタッフは法人主催の『新チューター養成研修』を受講し、2日間にわたって指導の基礎を学びます。受講後チューターとしての役割を担い、チューターとしての職務の振り返り、ステップアップの為に『チューターステップアップ研修』で学びを深めます。また、各階層に合わせて『専門分野別研修Ⅰ』『専門分野別研修Ⅱ』を受講し、自身の階層で学ぶべきこと学びます。その他外部研修にも積極的に参加し、自己研鑚に努めるとともに、自身が学んだことを同僚や後輩へ伝達し、チームでより良いサービス提供を目指します。

幹部研修

中央情勢やこれからの社会福祉法人の在り方を知ることに加え、経営分析、そして働きやすい職場環境づくりのために組織風土改善の検討など、管理者・経営者に求められるスキル・知識を身につけるとともに、法人全体の認識統一を図ります。また、『専門分野別研修Ⅲ』においてはマネジメント級職員としての意識と更なる知識の向上を目指します。

人財育成制度

意義:各等級における職務資格条件の達成

OJTとは"On-the-Job-Training"の略で、チューター資格を持つスタッフが、新人スタッフに対し具体的な仕事を通じて、業務に必要な知識・技術・技能・態度などを、計画的に指導する手法です。
成光苑では、OJTとOff JT(業務外研修)を併用することで、効果的な人財育成とキャリアアップを行っています。

研究発表会の開催

成光苑では、毎年2月末に【社会福祉法人成光苑 研究発表会】を開催しています。日々の職務に根拠や目的を持って研究を行うことで、スタッフの成長とサービスの向上を目指しています。

トータル人事システム

人事考課システムの導入

チャレンジシート・目標管理シート・キャリアパス
個々の仕事に対する評価は、各職層によってチャレンジシート・目標管理シートにて自己申告し、その達成度を評価します。経験・資格取得・法人や施設への貢献度などを自己と他者(人事考課者研修修了者)・施設長面談によって人事管理されています。



ここをタップすると電話ができます
06-6330-3776